FC2ブログ

⑥石山寺

この三連休は京都に帰っておりました。
寒い・・・初日の金曜日は大晦日正月依頼の雪景色での事なんですが
実家の両親に用事があってその帰りちょっと寄り道?(遠いですが・・・)

石山寺であります!
こっちのでは(関東、東海)あまり聞かれない寺ですがその歴史はかなり古く
機嫌は天平に遡り聖武天皇の時代です。
(くわしくはウィイペディアで♪笑)
場所は滋賀県大津市。
関東の人は?かもしれませんが京都市の隣で琵琶湖で有名な県で
歴史は非常に古く比叡山延暦寺、三井寺等有名な寺院も多く
平安京の前に天知天皇が都を築いた所でもあります。
(今はNHKの大河ドラマも滋賀が舞台)←湖北地方ですが・・・
石山寺16
花の寺としても有名で今は寒椿。
そして何より有名なのは・・・
石山寺17
紫式部です。
あの有名な源氏物語の構想や執筆?(定かではありませんが)した寺で
東寺真言宗の一派であります。(ある時期は密教も)
それではご案内~♪
まず参道から階段を上った所には
毘沙門堂
石山寺3
そして蓮如堂
石山寺4
本堂
石山寺7

石山寺6
石山寺は京都の清水寺、奈良の長谷寺と並ぶ有数の観音霊場です。
この本堂の右側に紫式部が源氏物語を執筆した部屋があります。
そして石山寺の名前の由来になったその石は
国の天然記念物になっている硅灰石
石山寺11
そしてここで見所は国宝多宝塔
石山寺10
ここから月見亭、心経堂、光堂と続いていきます(時間が無かった為ここまで・・・)
その月見亭から見た瀬田川。
石山寺8
比叡山が奥に見えています。
そして最後は大黒堂で終了です。
石山寺12
ゆっくり回れば2、3時間はかかります。
京都の隣、大津にはかなり見所が多いです。
時間に余裕がある方は是非訪れてみて下さい。
(私も滅多に行きませんけどね
石山寺

石山寺13

石山寺14

紫式部はどんな思いで源氏物語を書いたんやろう・・・







スポンサーサイト



伏見桃山御陵界隈part2

今週から上半期の業績評価をする週で今日一日PCの前・・・
あー肩凝った! 目が辛い!! 頭痛い!!!
禁煙しているから捗らない時はイライラ
今までは5,6人評価するだけで終わってたのに今や何倍もせなあかんから
たまりません仕事もそれだけやないからよけいとイライラ・・・(笑)
まぁ皆の冬季賞与にかかわるからちゃんとしなければ!!

話変わり今日もこの前帰省した時の記事です♪
昨日は寺田屋を紹介したんですが今回は関東や東海の方にも関係ある神社です。
御香宮
伏見の氏神として崇められている神社で
862年この地より香水が湧き出そこから清和天皇が寄与し神功皇后を主神とし
他に応神天皇他六柱の神を祭っている神社です。(詳しくはネットで検索してください)
御香宮
昨日紹介した駅から降りて左(出口は1箇所)で右は寺田屋方面。
朱色の鳥居が見え直ぐ国道24号線。(渡って山の方へ行けば桃山城)
(前に娘と木下サーカス行った所です)
駅から徒歩2,3分近いです。
最初に関東、東海の方にも関係すると言いましたが
豊臣秀吉が桃山城の厄除けの要としその後徳川家康により現在の場所に
戻された神社でここで湧く御香水が徳川頼宣等の産湯にも使われました。
御香宮4
子育て、安産の神としてあがめられた神功皇后を祭っていますから
宮参り、七五三参りで良く利用されます。
御香宮5
いままで紹介してきた中で今回が一番大きいかもしれません♪
この日も宮参りの方が来ていました。
御香宮6
缶コーヒー片手にブラブラしていた私でしたが宮参りに来ていた
家族と赤ちゃん見ていたら昔、娘を連れて(ここじゃありませんが)参ったのを
思い出しました。
今回も『行くか?』 『行かへ~ん』 さよか
御香宮10
本殿を元に戻した事により本殿には家康の像があります。
御香宮9

御香宮3
11月に入ると七五三参りになりますか♪
御香宮8
茶髪のヤンママ♪宮参り~♪
格式ばってないのがいい。
後ここには拝観料払ってはいる石庭があります。
この辺りはかなりレアな(祭られている人は有名)所が沢山あります!
御香宮2
秋の落南にも是非足をお運びくださいね♪
京都駅からも近いですから!

ここの御香水と同じ水(地下水?)で伏見の清酒は造られています。
晩に来れば良かった・・・




伏見桃山御陵界隈Part1

もう2ヶ月と一週間で今年も終りですね・・・(早っ)
気温もこっち(関東)と関西じゃちょっと違います。
全般に気温はこっちの方が低いですよね。 京都からこっちに今日移動
してきたんですが東京駅降りたら寒かった・・・

ではシリーズ化?でお送りしている(笑)今回の隠れた名所ですが
メジャーですマイナーじゃありません!
この時期の京都は時代祭りや紅葉が始まるシーズンで市内は観光客で
11月まで一杯です。
今回のメジャーな場所とは大河ドラマでもご存知坂本竜馬にかかわる場所。
そう寺田屋です!!
寺田屋があるのは十石船が出ていた宇治川の近く伏見の中書島にあります。
駅で言えば近鉄桃山御陵、京阪伏見桃山(大阪線)、京阪中書島(宇治線)で
ここは京都駅から13,4分(急行)で行ける近鉄が便利ですかね。
そこから駅出て商店街に入り三筋目を左に入り伏見の酒蔵があつまる所から
西にあります。
金閣寺や清水寺と比べたら人はそんなに多くないんである意味隠れた観光地かも。
駅
車で行くには少し解り辛いんでここは電車と徒歩で行くのがベスト!
(伏見のお酒が飲めませんから♪)
有名な酒蔵が多いので(アップ予定)そこを見るだけでも楽しい所なんですが
やっぱり寺田屋♪
寺田屋2
当時のままの建物とはちょっと違うみたいですけどまさに史跡の一つであるのは間違いない♪
寺田屋騒動の前は三条にある池田屋事件があり日本はまさに幕末。
当時の京都は長州藩のクーデター(蛤御門の変)で新撰組と会津薩・摩藩連合との
戦いで京都の町は3分の2程火事でまさに戦乱!
そんな中、坂本竜馬とお龍さんのゆかりの場所でもあり襲撃された所でもあります。
(ほんま平安から幕末まで京都はまさに人の屍の上に成り立ってる街かも・・・)
寺田屋10
御多分にもれず(笑)ここも拝観料が要ります。
寺田屋7
語り部のおじさんが入り口近くににいます。
寺田屋8
入り口
寺田屋
中には寺田屋の女将「お登勢」さんが祭られています。
男女の仲を取持つ神さま(微笑)
寺田屋9
当然の事ながら坂本竜馬の銘。
寺田屋4

寺田屋5

寺田屋3

寺田屋11
激動の時代を生きた坂本竜馬の縁の場所寺田屋
訪れてみてください。 この辺りは中々の見所が多い所です(地味ですけど)
しばらくこの辺りの記事をアップして行きます♪

伏見の酒は美味いぜよ!
寺田屋6










衣笠界隈(西大路通り)

よかったですね♪チリの落盤事故の救出。
69日ぶりですか!
私だったら69日は耐えられなかったかも
てともかく全員早く出してあげてほしいです。

話変わりますが観光客があまりいない京都の寺院の紹介です♪
六角堂、晴明神社に続いて3番目に紹介するのはわら天神!正式名称は敷地神社。
この神社も晴明神社同様ちょっと我が家に関係しております。
名前付けに行ったのは晴明神社ですがこのわら天神は子供がお腹にいた時に
腹帯を頂いた神社なんです♪(久々に訪問)
わら天神4
ここは安産、子宝のご利益があるといいますがその創建は
天長8年(831年)になり今の形になったのは足利義満(3代将軍)
の時といわれます。
わら天神
見た目より小さい天神さんですがこの衣笠界隈はそうです♪
修学旅行、観光名所で1、2を争う金閣寺が近くにあります!
後、北野天満宮、平野神社と有名所が多くこの辺りの散策は中々かも。
自転車あれば仁和寺なんかも行けます(徒歩も可能ですがちょっと・・・)
わら天神3
それとここにはちょっと変わったお守りがあり腹帯を授かった折
あるお守りをもらいますがそれがなんと藁!わらです♪
一説にはそのもらった藁に節があれば男子、なければ女子とも言われていますが
見事、連続して節なし!
二人の子供は女の子でした(笑)
わら天神2
金閣寺に寄られたらここで一休みしてください。
大通りに面していますが静かですよ♪
無料駐車場がありますから車でもOKです。
さて次は何処を紹介するか期待半分で待っててください。
(あくまで出かけたついでなんで


堀川一条界隈

もうすっかり朝夕は涼しくなりました♪
Tシャツやポロ一枚では寒いぐらいで上にもう一枚羽織って外出しています。
しばらくはエアコンに頼らなくってもすみますね
この週末は金曜日有休を取って京都に戻っていた訳なんですが木曜日は
雨で(これを境に涼しくなりました)金曜日は曇りとあんまり天気は良く
なかったんですが土曜日(末娘の運動会)と日曜日は晴れていい秋日和でした。
っと言う事であまり観光客で賑わない?(笑)京都の名所?シリーズ化第二弾です!
有名な所って訳じゃない(あくまで観光で)所を不定期で紹介するわけなんですが
金曜日に京都市内を車で走っていた時、ふっと立ち寄りたい所があって
そこは・・・
晴明神社
このマークもうお解りでしょうか♪
五芒星っと言ったら安部晴明公!
平安時代の代表する陰陽師で6代の天皇に仕えた方、その安部晴明邸後が神社に
なっており(1007年)その名も晴明神社。
晴明神社6
場所は堀川通り一条戻り橋を上がった所にあります。
大きい通りで言うと丸太町通りと今出川通りの間になります。
車を走らせているとけっこう見落としてしまいそうになりますけどね(笑)
晴明神社3
実はこの神社はあることで地元の人などにあかかってる事がありまして
晴明≒姓名にもじっているのと陰陽導もあり子供の名前をつける時にここで
みてもらう人が結構います。
ちなみに私の子供2人共この神社で名前をさずかりました♪
晴明神社2
ここでは生まれた日時と両親の名前を書いて5~6個位候補に挙げてもらいます。
ちなみに私は自分で考えた名前を持って看てもらったんですが全部却下!!されて
しまいました(笑)
晴明神社5
9月22日、24日は祭がありここを氏神とする人々で賑わいます。
半被には五芒星のマークがついていて神輿が出ます。
この日は何人か観光客がいましたが昔は殆どいませんでした。
プチ名所?になっているみたいです(笑)
神社の横には土産屋?もあるみたいですけどこれは・・・
晴明神社4
ちょっと笑ってしまいましたが路駐してたんで寄りませんでしたけど気になってしまいました
何があるんやろ?

しまった!お礼参りしてへんかった



| NEXT≫